グレインフリーキャットフードはなぜ人気があるのか

グレインフリーキャットフードはなぜ人気があるのか

最近日本でもグレインフリーキャットフードがたくさん輸入されるようになり、国内ブランドからも少しずつ生産されるようになりました。しかしなぜグレインフリーがこれほどまで注目されているのか知っている人はほとんどいません。

 

人間である私たちも一過性ブームによって食生活を大きく左右されることがあります。ダイエットに納豆やバナナがおすすめであるとテレビで特集されれば、何となく買ってしまう人が多いでしょう。しかし私たちは自ら食べ物を取捨選択できます。しかし猫は私たち飼い主の出す食べ物を食べざるを得ません。だから私たちが「なぜグレインフリーが猫にとって良いのかを理解しておく」必要があります。

 

低カロリー高たんぱく質

グレインフリーの魅力は、原材料から穀物を排除したことにより、低カロリー高たんぱく質を実現したことです。米、小麦、トウモロコシなどの穀物は人間にとっても貴重な食べ物です。なぜなら安価で大量に生産できることに加えて、比較的安価に購入することができるからです。ほとんどの国で主食は穀物です。

 

人間は自分である程度体重をコントロールできるし、おかずに肉や野菜を合わせることで栄養バランスを整えることができます。しかし猫はペットフードに全て依存しています。その餌が高カロリーだったり、栄養バランスが悪ければ、体重は増えて不健康な体になるしかありません。このリスクを回避できるのがグレインフリーキャットフードなのです。

 

穀物アレルギーのリスクを軽減

私たち人間にアレルギーがあるように、犬や猫にもアレルギーは存在します。最も多いのが穀物アレルギーです。市販のペットフードの多くには穀物が第一原材料として使用されていますから、何も考えずに毒を与えてしまうことも多いです。

 

そこで穀物を使わないグレインフリーキャットフードであれば、この穀物アレルギーのリスクを避けることができます。また、当サイトで紹介しているブランドは徹底した品質管理のもとで生産されている商品がほとんどです。だから健康被害のリスクも他の製品に比べて低いです。

 

ただし、全ての猫にアレルギー症状が出ないとは言い切れないので、最初に餌をあげるときは少量から徐々に増やしていくこをお勧めします。そうすることで餌に対する拒否反応(嘔吐や下痢)を防ぐこともできるので一石二鳥です。