魚が主原材料のグレインフリーキャットフードランキング

魚好きな猫必見!フィッシュメインのグレインフリーキャットフードBest7

そもそも陸上生物である猫がなぜ魚好きなのか?この記事を書こうと思った疑問です。

 

実は魚好きというのは人間の思い込みで、猫は本来肉食というだけです。肉であれば鼠でも丸ごと食べます。魚も同様に肉として上質な生き物なので、与えれば好んで食べるという理由なんですね。

 

さて、鶏肉や羊肉などがキャットフードに使われることが多いですが、魚もかなり多いですね。そこで今回は主原材料が魚に限定したグレインフリーキャットフードを人気順にランキングBest7を選抜しました。

 

シンプリー

 

シンプリーの魚に関する原材料は骨抜き生サーモン(31%)、乾燥ニシン(12%)、乾燥サーモン(11%)、サーモンオイル(8.1%)、乾燥白身魚(6.5%)、生マス(4.65%)となっています。2カ月未満の子猫から成猫まで、全年齢に対応したグレインフリーキャットフードです。

 

公式サイトが最安値で、1.5kgで3,960円です。定期購入で割引あります。

 

オリジン 6フィッシュキャット

 

オリジン「6フィッシュキャット」の魚に関する原材料は新鮮丸ごとサーモン、新鮮丸ごとニシン、乾燥サーモン、乾燥ニシン、乾燥タラ、新鮮丸ごとカレイ、新鮮骨なしウォールアイ、新鮮骨なしノーザンパイク、新鮮骨なしレイク、ホワイトフィッシュ、サーモン油、ニシン油となっています。

 

公式サイトでは2.27kg 7,000円、最安値のAmazonでは5,200円でした。他にも340g、6.8kgの別サイズがあります。

 

 

アカナ パシフィカキャット

 

アカナ「パシフィカキャット」の魚に関する原材料は新鮮骨なしニシン(30%)、乾燥ニシン (15%)、乾燥タラ(12%)、新鮮骨なしカレイ(5%)、新鮮骨なしシロガネダラ(5%)となっています。

 

最安値のAmazonでは2.27kgで約5,000円です。340gだと約700円です。

 

 

アディクション サーモンブルー

 

アディクション「サーモンブルー」の魚に関する原材料は、太平洋を回遊するサーモンだけです。ただ他の肉は使っていないので、サーモンならではの風味を楽しめるはずです。

 

最安値のAmazonでは450gで約1,500円、1.8kgで約4,100円、9gで約18,300円です。

 

フィッシュ4キャット

 

フィッシュ4キャットは「イワシ」「サバ」「サーモン」の3種類あって、それぞれの風味が効いたグレインフリーキャットフードを楽しむことができます。例えば「サバ」には、サーモンミール33%、サバ22%、フィッシュエキス2.5%という感じです。よく見たら「サバ」なのにサーモンミールが一番多いという矛盾(笑)

 

最安値のAmazonでは400gで約1,650円、1.5kgで約4,500円です。

 

アーテミス オソピュア サーモン&ガルバンゾー

 

アーテミス オソピュア「サーモン&ガルバンゾー」の魚に関する原材料はフレッシュサーモン・ドライサーモン・ドライ魚肉となっています。ちなみに、「ガンバルゾー」とはひよこ豆のことです。

 

最安値のAmazonでは2.3kgで約4,500円です。

 

ニュートロ ナチュラルチョイス アダルト サーモン

 

ニュートロ ナチュラルチョイス「アダルト サーモン」の魚に関する原材料は生サーモンだけです。あとは乾燥チキンやポテトなどですね。この商品はサーモンとチキンが半々に近いので、あまりおすすめできません。

 

最安値のAmazonでは2kgで約3,000円です。